六甲ケーブルの車両である

六甲ケーブルのサウンド


 六甲山を代表するケーブルカー(六甲ケーブル下〜山上駅)で、現在は1999年3月に搬入された三代目の車両で運転しています(写真はレトロタイプ)。運行時間は約10分、運行距離は約1.7km、勾配角度26度。この新車にあわせ、駅舎なども随分とイメージチェンジしています。


・六甲ケーブル車内(2000年11月時点のもので、2018年1月現在、編曲が異なる別のBGMに更新されています)

  上り   vorbis(9,352KB)
  下り   vorbis(9,860KB)

 ケーブル車内の雰囲気をここに再現(ただ秋の夜だったので人はほとんどいませんが…)。印象的なBGMが魅力です。
 ※2018年1月現在、上りは従来の下りと同一?、下りは従来の上りの音程違いになってます。なぜ入れ替えた?
トップページに戻る